より便利に使おう!食品系通販のメリット・デメリット

>

デメリットを知りサービスを熟知する

現物を見られない不安がある

食材は自分、または家族の口に入るものなので出来る限り良い物を選びたいと思うは当然です。いくら安いからと言って不確かな食材を買うのは気が引けますし、購入してから返品が出来る訳ではありません。
食材系通販のデメリットと言えば、現物を確認出来ない不安が挙げられます。いくら写真や情報が多いからといっても、手で触れて確認したいと言う方にはおすすめ出来ません。
またサービスを申し込む際に年会費や入会費が発生するケースもあります。毎月何度も使うと言う場合はこれらが発生しても、プラスになる可能性が高いですがほんの数回しか利用しないと言う場合はデメリットになります。サービスや通販によって大きく違うので、事前に確認しておくのがベストです。

配送に関するデメリット

日本全国から注文される食材系通販ですが、配送に時間がかかるのもデメリットになります。都内であれば当日、または翌日配送・到着するケースもありますが郊外や地方の場合はそうはいきません。
食材の梱包や配送方法については、専用の方法を使っているので傷みの心配はありませんが、今すぐに食材が欲しいと言う場合には適していません。この場合はそのエリアに特化しているネットスーパーを使うと問題が解決出来るかもしれません。
そしてもう一つ、考えられるデメリットは配送エリアです。全国展開している通販企業であれば問題ありませんが、地域密着型の通販だと対応していなかったり、送料がかなりかかってしまったりするケースがあり手間・コスト面でもネックになります。


この記事をシェアする